カテゴリー
お知らせ

【お知らせ】2022年度入園について

2022年度入園についての詳細を更新しました。

 

2021年度の入園についてのアーカイブはこちらでご覧になれます。

カテゴリー
ベテル便り

【べテル便り】チューリップが咲き始めました

みんなで植えたチューリップが少しずつ咲いてきました!

お休みの間は、みんなの代わりにちゃんと先生がお水をあげていますよ。

べテル幼稚園の近くに来たときは、ぶどうの木の近くをのぞいてみてください!

カテゴリー
ベテル便り

【べテル便り】卒園式

2021年3月卒園式を終え、みどり組の子どもたちが巣立っていきました。

卒園式の前日には、卒園するみどり組へ、今までの感謝の気持ちを込めて、小さいクラスの友だちから手作りのコサージュとバッグ、お手紙、歌のプレゼントが渡されました。

 

卒園式には、もらったコサージュを胸につけ最後の登園をしたみどり組の子どもたち。

立派に卒園していった彼等がこれからも神様に守られ健やかに成長されますように。

カテゴリー
保護者の声

【保護者の声】「ページェントの晴れ舞台」

11月の終わり頃から、娘の歌声が、家の中でちらほら聞こえてくるようになりました。聞いてみると、なにやら12月にページェントという舞台で、天使の役で歌う、という機会をいただいたらしく、その練習のためとのこと。私に似て人見知りで、会話もあまりできない引っ込み思案な娘が、人前で歌う姿は想像もできず、楽しそうに何度も歌と台詞の練習している娘の姿をみつめながら、ただ、無事に終わってくれればいいなと、その時はそんなことを思っておりました。

コロナ禍ではありましたが、卒園していく園児たちには一生に一度の大舞台、なんとか開催してほしいと、夫婦ともども祈る気持ちで毎日おりましたが、先生方をはじめとした皆様のご尽力もあり、無事に開催に至ったこと、心より感謝いたします。ページェントの前知識も何もない私ではありましたが、娘の想い出に残るであろう一日を、とても楽しみにしていました。

そして当日、厳かにページェントの舞台が幕を開けました。みんな、それぞれの役の衣装を可愛らしく身にまとい、行儀よく入場・待機しています。それから、おそらく練習のとおり、みんな代わる代わる舞台に登場しては、一生懸命に覚えた台詞を言い、歌を歌う姿はとても微笑ましく、みんなの3年間の成長の証を見ているようで、非常に感動的でした。

ちらりと娘を見てみると、じっと舞台を見つめ、集中して自分の出番をうかがっているようでした。やがて、その出番が巡ってきます。同じ役のお友達みんなで舞台にあがり、堂々と覚えた台詞を言い、また席に戻っていきます。「よかった、堂々と台詞を言えたぞ。帰ったらよく褒めてあげよう」そんなことを思いながら、舞台もいよいよ終わりに近づいていきます。「結局、練習していた歌はまだ歌っていないけど、最後にみんなで歌う歌だったのかな?」そんなことを思った矢先、まったく予期せぬ展開が待っていました。

娘がお友達とたった二人で、舞台の最先端に立っているではありませんか。「まさか、まさか」そんな思いの中、お友達に続いて、娘が独唱を始めました。天使の衣装を身にまとった娘の歌声は、礼拝堂に響き渡ります。今までに見た事がない、大勢の前で堂々と歌い切った娘の姿に「あの、人見知りの娘が、人前でこんな歌を披露できるなんて…」と、あとは、涙でよく見えませんでした…。

この機会を与えてくださった先生方には、感謝の言葉しかありません。素敵なプレゼント、本当にありがとうございました。3年間、引っ込み思案な娘を、毎日温かく見守ってくださいました。娘がここまで成長できたのも、先生方のおかげです。そして、この幼稚園に娘を導いてくださった神様に感謝いたします。

あともう少しで卒園です。大好きだったお友達とも離れ離れになってしまいます。別れは悲しいですが、次の舞台でもまた、素敵な出会いがあることを期待しています。そしてこのページェントが娘の自信に繋がり、新たなステージでも頑張って欲しいと願っております。

本当に、ベテル幼稚園に通えてよかった。今はただただ、そんな感謝の気持ちで過ごす毎日です。

2020.12

カテゴリー
保護者の声

【保護者の声】「特別な年のクリスマス礼拝」

♪むかしユダヤのひとびとはかみさまからのおやくそく♪
いつも通るパーシモンのイチョウが黄金色に輝く11月半ば、帰宅した息子がこの歌を口ずさみ、我が家はいよいよページェントが近づいてきた!と心躍りました。同時に(もうこんな時期がきてしまったのね…)と、一抹の寂しさも。そして時期が時期だけに、心の中では(無事にページェントを迎えられたらいいなぁ)という希望的観測を抱くにとどめていたのも事実です。
ほどなくしてHの日々の報告から「今日はイエスさまのおはなしを聞いたよ」「みんなでイエスさまが生まれたときの劇をやるんだ」「自分のやりたい役を二つ考えるの」など、みどり組でページェントに向けての準備が着々と進んでいることを実感しました。
ぼくはY(兄)がやった兵隊になりたいなぁ、でも羊飼いもいいなぁ、と悩むHを見て、子供たちそれぞれが主イエスキリストの誕生を想像し、どんな役で物語を伝えたいかを考え、役を決めることはページェントを行う上でとても大切なプロセスだと感じました。そして役決めの日、羊飼いの役を与えられたHは「羊飼いは狼を倒す武器と羊を持つんだ!かっこいいよね!」と得意げに教えてくれました。(ん?武器?)羊飼いの杖を武器と呼ぶ息子に戸惑いを覚えつつも、やる気に満ち溢れる姿に頼もしく思いました。

 

余談ですが、ページェント練習真っ只中の11月末、小学校の就学時健診にベテルのお友達と行ってきた時のこと…学校に到着して受付を待つ間にHとお友達は大きな声で♪トントンやどやさん、どうかひとばんとめてください♪ と楽しそうに歌っていました。家や公園、習い事や小学校、どんな場所でも子供たちが自然と口ずさむページェントの歌や讃美歌に、私たち親が癒されたことは言うまでもありません!どうか無事ページェントが行えますように…と祈るような気持ちになっていました。

 

そして迎えたクリスマス礼拝の朝。気持ちよい冬の青空の下、登園の道のりでHは「どうしよう、緊張するなぁ…でもすごく楽しみ」といつになくナーバスでしたが、きっとお友達みんな同じ気持ちだよ、がんばってね、と送り出しました。(本音を言えばお母さんも同じくらいドキドキしているのよ〜)
T先生のお祈りで心を落ち着かせ、K先生が弾くパイプオルガンの美しい音色とともに、みどり組の子供たちが衣装に身を包み堂々と入場する姿はとても誇らしく感動的です。礼拝堂の窓から差し込む柔らかい太陽の光が舞台に立つ子供たちを包み込み、園庭で遊ぶ小さなお友達の明るい声が響く中、「これは2000年前に本当にあったおはなしです」というお星さまのセリフでスーッと新約聖書の世界に引き込まれるような錯覚になりました。子供たちが神様から与えられた役割を一生懸命に伝えるその姿を見て、幼少期から信仰に触れることで育まれる心の豊かさを感じるとともに、一人一人の表情や動き、歌、セリフを聞きながら、あか組からずっと一緒に過ごしてきたお友達や先生方と主イエス生誕の祝福を分かち合う時を持てたこと、そしてみどり組全員が参加できたことを心から嬉しく思いました。

 

未曾有のパンデミックとなった新型コロナウイルスにより、さまざまな園行事や集まりが縮小や中止となりページェントが行えるかどうかも不透明の中、幼稚園では先生方が常に緊張感を持って子供たちの日常を守っていただき、無事にページェントを迎えられたことに深く感謝いたします。今年は感染対策のためみどり組の園児と保護者のみの参加となりましたが、とても温かいベテル幼稚園らしいいつものページェントに変わりはなく、子供たちが伸び伸びと歌い伝えてくれたクリスマスストーリーは最高のプレゼントとなりました。そしてこのページェントの舞台での経験は子供たちにとって大きな自信となったことでしょう。また、当日参加が叶わなかった他クラスの保護者の方々や親族のために、動画配信という特別な配慮をしてくださり、皆様とページェントを共有できたことをとても嬉しく思います。(冬休み中、我が家は何度も動画を観てその都度感動していました!)そして、動画を観てくださった小さなクラスのお母様から「ページェントすごく良かったです」と声をかけて頂いたことも嬉しかったです。

最後になりましたが、これまでの当たり前が当たり前ではなくなってしまった“新しい生活様式”で始まった二学期…マスク着用、手洗いの徹底、ソーシャルディスタンス、お弁当時のアクリル板設置、施設内や遊具類の除菌作業など、子供たちが安心して園生活を送るために尽力してくださる先生方の日々のお働きには本当に頭が下がります。このような情勢下で先が見えない不安の中、みどり組の一日遠足、多摩川台公園での運動会、そしてページェントを無事行っていただき、心から感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

兄弟でお世話になってきたベテル幼稚園での生活もいよいよ終わりが見えてきました。長男があか組のときに生まれたHがあと少しで卒園、4月からは小学生です。大好きなベテル幼稚園とのお別れを思うととても寂しいですが、残り少ない日々を親子で大切に過ごしていきたいと思っています。

2020.12

カテゴリー
お知らせ

【お知らせ】2021年度入園について

2021年度入園についての詳細を更新しました。

 

カテゴリー
ベテル便り

【ベテル便り】桑の木がぐんぐんと伸びています。

桑の木がぐんぐんと伸びています。

桑の実もでき始めました。まだみどり色ですが、たくさんできています。

てんとうむしが遊びにきてくれましたよ。

園庭の花たちもきれいにさいています。

カテゴリー
ベテル便り

【ベテル便り】チューリップが咲きました!

☆みんなの植えたチューリップが咲きました!お写真ですが、少しでも気持ちがあたたかくなりますように。

☆お庭の桑の木にも、新しい葉っぱと実がつきはじめました。今年もみんなでたくさん食べられるといいですね!

☆レモンの木やみんながよく遊ぶきいろいお花の写真も送ります!

 

カテゴリー
お知らせ

【お知らせ】サイトリニューアルのお知らせ

この度、ベテル幼稚園のサイトをリニューアルいたしました。
特色や保育の内容、生活の場面などをご覧いただき、ベテル幼稚園をより深くご理解いただければ幸いです。

 

ベテル幼稚園

カテゴリー
保護者の声

【保護者の声】最後のプレイデー

 N.W(2018年卒 保護者)

 2月10日のプレイデーは、お天気に恵まれました。最後のプレイデー、そして一緒に参加するイベントとしても幼稚園最後だと思うと何か名残惜しい気持ちになります。
 初めて参加したのはまだピンク組の時でしたが、玉入れの方法も分からず、上ではなく横に球をなんとなく投げていた息子の姿が懐かしく思い出されます。今では身体も大きくなり、到着早々お友達と鬼ごっこを始め、パパはすぐに置いていかれました。走り回る息子の姿をみると元気に成長したなという嬉しさもありますが、赤組、黄組の子どもと比べると背丈も大きく、もう幼稚園児という可愛らしさもなくなりつつあります。もうしばらく幼稚園児でいてくれたらなと思わなくもありません。
 今年はインフルの猛威もあり、各組とも六割くらい?な参加者で若干人数的にはさみしく感じましたが、ゲームが始まるとそれを感じないくらい子ども達は元気に走り回ってます。喜びを爆発させて夢中でゲームに取り組んでいて、最高に輝いてます。その姿を見てパパ達もニヤニヤ顔がほころんでます。
 父親同士皆で子どもを見守ったり、一緒にゲームに参加したり、楽しい時間はあっという間に過ぎていきます。
 プレイデーなので、パパとじゃれあったり、ゲームが終わるとパパのところに嬉しそうに駆け戻って、「どうだった?」と尋ねる子もいます。しかし、うちの息子にそんな気配は全くなく、そもそもお友達やゲームに夢中すぎて、私のことはちらりとも見ません。若干寂しい…
 パパ的には、息子とハイタッチしたり、アイコンタクトしたり、頑張ったあとに頭をガシガシ撫でてあげたりする心の準備は出来ている。さあ来い息子!
 しかし、その後も「猛獣狩りに行こうよ!」やダンスをしながら合体していくゲームでも私の前をピューッと通り過ぎてお友達とじゃれあっている。パパ一人では猛獣狩りには行き辛い…ダンスのテンションをあげるのも難しい。ダンスも同じ緑組のパパと踊ってもらい、もう息子の姿は人混みで見つかりません。
 苦笑いを浮かべつつ、人見知りな息子が、大好きな幼稚園で大好きなお友達とパパのことも忘れるくらいリラックスして楽しんでいることは喜ばしいことと思い直し、嬉しそうな息子の姿を目に焼き付けておこうと思いました。
 先生方、お友達、保護者の皆様のおかげで息子も成長させていただいたと本当にありがたく思います。
 帰り道、息子はパパの一抹の寂しさなど気付くはずもなく、今日のプレイデーがいかに楽しかったか興奮気味に話しをしていました。